看護部(各病棟)

看護部門紹介

■看護部長挨拶

看護部長 髙橋 由美
当院では、高畠町の保健・医療・福祉の拠点病院として急性期から慢性期・在宅医療まで幅広い患者層の包括的な医療を行っており、私たち看護師は、患者さんの一番身近な存在として、院内外の多職種の協働しながら地域包括システムを推進し、患者さんの自立を支援すると共に、退院後も患者さんやご家族の不安を軽減できるよう、切れ目のない計画・支援しています。
看護部では、看護師一人ひとりのライフステージに合わせたキャリア支援を行い、生き生きと働きがいのある職場・環境づくりに取り組み、地域医療に根差した、皆さまに信頼される看護を提供できるよう心がけています。どうぞよろしくお願いいたします。

■看護部

看護部理念
私たちは、倫理観を持ち、地域の皆さまにやさしさと思いやりのある看護を提供します。

イメージ写真

看護部基本方針
1.患者の潜在的な治癒能力を最大限に生かすために、多職種の協働によるチーム医療を推進する。
2.事故のない安全で安心な看護を提供する。
3.地域完結型の病院として、他の医療機関や福祉施設と連携し、急性期から在宅療養に至るまでのシームレスな看介護を展開する。
4.専門職としての知識・技術・人間性を高める教育計画を構築し実践する。
5.公立高畠病院の看護師として誇りを持ち、思いやりと一歩前の精神で患者・家族を支援していく。
6.患者の生命・人格・人権を尊重し、質の高い看護サービスを実践する。
7.地方公営企業法全部適用の経営基本の原則と意義を理解し、病院の健全経営に参画する。

看護部目標
1.臨床実践能力を高め、信頼される看護サービスを提供する
 ・新人看護師教育体制の整備
 ・継続教育の充実
 ・安全な看護の提供
2.当院の役割を理解し、地域との連携を深める
 ・効率的な病床管理
 ・在宅を見据えた入退院支援の強化
 ・チーム医療の推進
3.患者・家族・医療スタッフとの信頼関係を構築する
 ・人、もの、資源、時間を大切にする
 ・働きやすい職場づくり

2階病棟

一般病棟です。

■2階病棟看護目標イメージ写真

1. チームで行う退院支援
 多職種協同で7日以内の退院支援を行い、安心して早期に地域へ戻れる支援をいたします。
2. 学びへの共同参加
 専門職として能力を高めるため、一人一人が学ぶ力を身につけ質の高い看護を提供します。
3. 効率的な病床管理
 入院受け入れの窓口としての環境を整え、ベッドコントロールを適切に行い、病院経営に参画します。

■2階病棟の役割

一般病床と地域包括ケア病床を持つケアミックス病棟です。主に入院時の急性期を担い、多職種と連携し、治療から生 活支援・退院支援まで、刻一刻と変化する患者の様々な状態に合わせた看護・医療を提供します。

■スタッフ

看護師25名、介護福祉士4名、ヘルパー・補助者等4名

3階東病棟

地域包括ケア病棟入院料適用病棟です。

■3階東病棟看護目標

院内外の多職種と連携を図り、患者さんやご家族が安心して地域や在宅へ戻れるよう支援します。
 1. 退院支援や退院調整の強化を図っていきます。
 2. 看護の質の強化を図っていきます。
 3. 働きやすい職場づくりを目指します。

■3階東病棟の役割

地域包括ケア病棟は、急性期の入院治療後、症状が安定した患者に対して、在宅等への復帰がスムーズにできるように支援を行うための病棟です。
日々、医師・看護師・リハビリスタッフ・薬剤師・管理栄養士・医療SW等様々な職種のスタッフで積極的にカンファレンスを行い、患者の情報共有を図っています。
患者さん一人一人に応じた医療を提供し、自立に向けた生活支援を行っています。

■スタッフ

看護師25名、介護福祉士5名、ヘルパー・補助者等3名

3階西病棟

医療保険適用型療養病棟です。

■3階西病棟看護目標

1. 多職種と協同、連携を図り、安全で安心な療養環境と質の高い看護を提供します。
2. 患者と家族に寄り添った個別性のある看護を提供します。
3. 療養病棟の運営に対する特徴を理解し、病院経営に参画します。

■3階西病棟の役割

☆療養病棟は、慢性疾患等で症状は安定しているものの、継続して療養を必要とされる患者さんが利用できる病棟です。当病棟では、患者さんの日常生活に必要なリハビリテーション等を中心に療養いただき、1日でも早い健康の回復と在宅での療養や社会復帰を目指しています。

■スタッフ

看護師18名、介護福祉士5名、補助者等3名